労働被害者に贈る〜基準法/監督署/基準局を知るべし!Top >  労働基準法−休暇・休日 >  労働基準法の休暇、休日出勤

労働基準法の休暇、休日出勤

会社で日々ストレスに晒され、ストレスを発散するのに休暇、休日がある。
そんな休暇、休日に会社から呼び出されたらどうします?世の労働者は駆けつけてしまうでしょう。労働基準法にある、休暇中の労働者の権利を見てみましょう。

労働基準法で言う休暇は、労働時間とは明らかに違うわけなので、
休暇・休日の労働者に会社が業務命令を発するの、原則として出来ないとされている。
そもそも労働基準法の労働時間の上限に引っかかるので、良いわけない!
労働基準法には他にも、『週に1日以上の休みを設けることを義務付ける』ってのにも
抵触する事が多いので本来会社側は労働者へ強制は出来ないんです。

労働契約に、災害の時や緊急事態に休暇・休日中でも連絡を取れるように
しておいてほしいと明記いてる会社もあります。

コレを踏まえて、休暇・休日に会社に呼び出されたと仮定しましょう。
ココには労働者の同意が必要。同意しない限り出勤を会社が強制できません。
同意したとしても、労働基準法に定められている時間外賃金を支払う義務が会社にあります。

次回、呼び出されたらココを踏まえて考えましょう。ょう。

テクノラティプロフィール

<耳寄り情報コーナー>
失業保険について意外と知られていないノウハウ集

関連エントリー

労働被害者に贈る〜基準法/監督署/基準局を知るべし!Top >  労働基準法−休暇・休日 >  労働基準法の休暇、休日出勤