労働被害者に贈る〜基準法/監督署/基準局を知るべし!Top >  労働基準法−休暇・休日 >  労働基準法36協定とは?

労働基準法36協定とは?

労働基準法には労働者を働かせ労働時間数に制限があるものの、
守られていない場合が多くあります。多くの会社では、
労働組合と会社側で『36協定』という協定を定めている場合がある。

『36協定』→労働基準法第36条に準じて拡張する内容として定められた協定
労働者に対してある程度条件を付けることで、労働時間の上限を延ばしたり、
休日に労働を強要させたりできるようにする協定で、
この『36協定』で時間外労働・休日労働が違法ではなくなる仕組みです。
『36協定』では、時間外労働の具体的な理由、業種、労働者の数、延長することできる限界、
労働をさせる休日、協定の有効期限が記してあるはずです。
『36協定』は労働基準監督署に届け出して、承認なければ効果をもちません。

『36協定』の時間外労働時間数の上限は、1週間で15時間、、1カ月で43時間、1年間で360時間までとなっています。

単純計算で、1週間で毎日3時間残業、週5日制だと15時間。こんなのスグですね。
自分の会社の『36協定』を調べてましょう!

      

<耳寄り情報コーナー>
失業保険について意外と知られていないノウハウ集

関連エントリー

労働被害者に贈る〜基準法/監督署/基準局を知るべし!Top >  労働基準法−休暇・休日 >  労働基準法36協定とは?