労働被害者に贈る〜基準法/監督署/基準局を知るべし!Top >  労働基準法−退職・退職金 >  労働基準法の定年規定

労働基準法の定年規定

最近は58歳で定年だったり、60歳未満で定年の会社も存在しています。
さて労働基準法では定年退職にどんな規定があるのかな?

労働基準法では、労働者の解雇には合理的で客観的な理由と、
会社の暗黙の了解として正当でない場合、解雇を無効とするという定めがあります。
要は就業規制に明記してある理由でないと解雇できなんのです。
就業規制には必ず定年退職の記述があるはずです。

でも、就業規制に書けば定年はいくつでもOKってわけじゃなく、
労働基準法とは別に高齢者法って法律でも定められています。
高齢者法によると、労働者に定年を設定をする際、60歳を下回ってはならないとあります。
ではなぜ、満60歳になる前の定年退職が存在するのか?そんな就業規制は違法なんです。
最近の定年退職者を継続して雇う再雇用制度が増えているが、これも就業規制に明記する必要がある。

2007年問題が現在問題にされているが、
言うほど問題にならないんじゃないかって見方も存在してます。
団塊の世代の方々が悠々と過ごせる日は、ちょっと遠いかもしれません。

   

<耳寄り情報コーナー>
失業保険について意外と知られていないノウハウ集

関連エントリー

労働被害者に贈る〜基準法/監督署/基準局を知るべし!Top >  労働基準法−退職・退職金 >  労働基準法の定年規定