労働被害者に贈る〜基準法/監督署/基準局を知るべし!Top >  労働基準法−退職・退職金 >  労働基準法の退職金

労働基準法の退職金

辞めた時、退職金の有無は大きな問題です。
さて労働基準法には退職金の規定があるのかみてみましょう。

実を言うと、退職金に直結する内容は労働基準法に無く、
退職金の支払いは会社側の自由となっているんです。

逆に考えてどんな時、退職金が支払われるんでしょうか。
まず、就業規則や労働協約に退職金制度が明記されている会社。
この時、退職金も給料と法的に見られるため、支払われない場合、請求出来ます。

もう一つ、就業規則に明記が無くても、慣例として支払われている場合もあります。
この会社の時は、過去に退職金を貰っている人が多くいて、過去の額や勤務年数等の
詳細な資料があれば、会社側に請求することもできます。

最後に、退職金には支払い期限もあって、労働基準法で、会社は退職から1週間以内に
退職金を支払わなければならないとあります。さらに、退職金には時効があって、
退職後5年間、労働者に支払われなかったら、退職金は無効になります。

辞める前に、しっかり就業規則を見ておきましょう!

   

<耳寄り情報コーナー>
失業保険について意外と知られていないノウハウ集

関連エントリー

労働被害者に贈る〜基準法/監督署/基準局を知るべし!Top >  労働基準法−退職・退職金 >  労働基準法の退職金